労働者の生活を顧みないブラック企業は許しません。サービス残業させられる、有給休暇がとれない、パワハラされるなどに対抗しましょう。私たちは、新潟の労働組合「にいがた青年ユニオン」です。

2015年1月2日金曜日

学生生活が送れなくなるブラックバイトはどうやったら辞められるのか

学生時代にアルバイトを経験することは、人生にプラスになるだろうと考える人はたくさんいるはずです。
ですが、その学生バイトが大きく変わっています。

学生バイト+ブラック企業=ブラックバイト

学生バイトなのに、学生生活と両立しえないようなアルバイトが増えています。
つまり、
  • 学校の都合があるのに休めない。
  • 違法な働き方をさせられる。
  • 辞めるに辞められない。
の3点が挙げられるでしょう。
まさに、学生バイトとブラック企業が合体したものが、ブラックバイトです。今回は、ブラックバイトについて見ていきましょう。

ブラックバイトがひろがった原因

ブラックバイトがひろがった原因は、
  • 非正規労働者が基幹的な業務を行うようになった。
  • バイト収入が家計や学費における比重が増えてきた。
と考えられます。
飲食店やコンビニ、塾などでは、正社員が少なく、非正規労働者が主要な業務を行うようになっています。その中で、学生バイトにも基幹的な業務を担わせる動きが増えてきています。
また、簡単に辞められないという理由もあります。国民所得の減少、高い学費のために、収入が途絶えることは影響が大きすぎるためです。

ブラックバイトを辞める方法・たたかう方法


あまりにひどい働かされ方をすると、学生生活と両立しえないばかりか、体調不良の原因ともなります。たしかに収入減は気になりますが、それを許すのならば辞めるのも一つの方法です。
ですが、辞めたいと言っても、簡単に辞めさせてくれない場合もあります。

ブラックバイトを辞めるには、退職届を文書で出す方法が確実です。
  • 退職届(「退職願」ではない)を文書で出す。
  • 退職届には、退職日を記載する。
  • 退職の理由は「一身上の理由」でかまわない。
ですが、辞めずに改善を求める方法もあります。